忍者ブログ
ロボットのことや趣味など、あと日常を淡々と書いていくblog
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
virgoの胴体を新しく設計したので、久々に切削。

これくらいの切削だと大体3時間半くらいでできます。便利ですね~。
(ポケット加工も内抜き加工も少ないのもありますけど)
kitmill BT200は正直いって剛性は高いほうではないし、パワーも高くないので刃物をケチると切削音も大きいし、刃物もビビってるような気もします。パワーが高くないのでエンドミルが折れる心配はないんですけどね。今のところBT200でエンドミルを折ったことはありません。
まぁ~Z軸の下ろし量が0.05mmなので過負荷が掛かりにくいってこともありますけどね。

ちなみに私が使ってるのは三菱マテリアルの2枚刃DLCコートエンドミルを使ってます

このエンドミルはアルミニウム合金に適してるので、メッチャキレイに切削できます。
さらに切削音も静か。それも結構長持ちです。


アルミ板を張り付ける両面テープは写真の2種類のテープを使ってます。
右のテープはアルミ板に付いたテープははがし易いのですが、接着力が少し強いのでCNCの板からはがす時がちょっと大変です。
左のテープは少し粘着力が右のよりも弱いのでCNCの板からもはがしやすいです。薄い板をはがす時もはがれやすいので曲がったりもしません。
まぁBT200のパワーでは切削物ぶっ飛ばすってことはほとんどないと思いますけどね。

今日はこのへんで~
ではでは。

拍手[1回]

PR
今日は有機物とカロトと一緒に鶴舞公園に桜を見に行きました。
午前中は曇り空だったのですが午後過ぎから少し晴れてきたので、イイ景色が見れました。

カメラを買ってから風景や動物を撮るのが好きになりました。
鶴舞公園に行く途中で猫に遭遇。そんなときにカメラでキレイに撮れると嬉しくなります。

寝ている猫、可愛いです♪

今日は大須にも行ってブラブラし、マジックスパイスでお昼~。
あとドスパラでデジタルスケールが安かったので買いました。

500gまで量れて0.01g刻みでいけるみたいです。
試しにM2ネジを測定↓

しっかり測定できるみたいです。測定誤差は±0.05gですが、私が使う用途にはそれで十分。
イイもの買えました。

今日はこのへんで~
ではでは。

拍手[0回]

参加紹介ラストは例のあの人です。
さわやか会副主催者のA4さんです!

まず機体紹介①HammerHead 16th

JRの青サーボ目立つHammerHead。足のデュアル平行リンクは保持トルクはシングルトルクで動作する時はデュアルトルクというやり方をしてた気がします(間違ってたらすみません。)表現力を上げるために、長穴減速のおじぎ軸も搭載されていています。

機体紹介②HammerHead 19th

このHammerHeadのすごいポイントは、足はデュアル平行リンク、肩ロール軸もデュアル、19軸と多めの軸数、バッテリー2個搭載、なのに3kgに納まっているところです。
いろんなロボットユーザーの技術をA4流に盛り込まれてます。今も画像を見て参考にしているくらい勉強になります。近藤ユーザーが多い中、ハイテックのサーボを中心に作成されています。

機体紹介③テルルさん

みんなもよく知ってるテルルさんです。本当に設計がしっかりしたロボットです。可愛らしいスタイルだけでなく、しっかりしたモーションは周りの小型機を圧倒します。私も1年前くらいからテルル兄弟のウランで遊んでますが1度もメンテも修理もしたことありません。それくらいしっかりしてます。さらにテルル動かしながらの居酒屋が楽しいですよ~w

と簡単ですがA4さんの有名機体を紹介してみました。A4さんとの交流は長く、今では大同OBたちの影のアドバイザー的な存在です。アニキです!いつも大同OBと学生がお世話になっております。
ちなみにA4さん今日、誕生日です!(☆´-ω-)v ィ…ィェィ ☆-(ノ゚∀゚)八(゚∀゚ )ノイエーイ☆ イエーイ☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ☆ イエ━━━゚.+:。ヽ(*゚ロ゚)人(゚ロ゚*)ノ゚.+:。━━━━イッ!! イェ━━━ "v(。ゝ∀・。)o━━...おめでとうございます♪

今日はこのへんで~
ではでは。


拍手[1回]

参加者紹介⑤はみんなが待っていた、あのお方です。
大同OB みんなのやすさん製作のBJ05 ASURA(アスラ)です。

アスラは剛性ガッチリのロボットです。私の知ってる限りではサーボのギア欠けはあるけど、フレームの破損は見たことがないくらいです。
ロボットのカラーは赤!顔は目も光ってカッコイイです。荒々しいファイトスタイルから中部地区では"中部の暴れ馬"と言われてます。

そして音声もでるので、戦う時のインパクトもあります。ちなみにスピーカにはスイッチが付いており、音声のON OFFを切り替えができます。アスラはこのスイッチをOFFからONにするモーションが入ってますので、うっかり試合始ってスピーカーをONにし忘れても大丈夫なのです。

このアスラのスゴイところはフレームや外装がすべて手加工。本当に尊敬します。アスラを見ると"やる気があればやれる"ってことを感じます。なので外装の模様は度々違ってたりもします。

使用してるボードはVSRC-003HV。このボードの唯一の弱点はサーボに流せる電流が少ないこと。なので普通にハイトルクサーボを繋げまくると、貧血(電流不足)を起こします。アスラは中継基盤でボードを介さず直接バッテリーからサーボに電流がいくようにして貧血を防いでます。見えないところも工夫されてます。

みんなのやすさんは大同ロボット研究部の始まりの人って感じです。私もロボット研究部に入部した時には、ロボットのモーションやフレームの製作方法を教えていただきました。

アスラは赤いイメージがある方が多いと思いますが、実は青いのもいるんですよ↓

少しの期間ですが青いアスラもいたんですよ。
たしかこの時は足の平行リンクがKRS-4024のデュアルだったと思います。

今日はこのへんで~
ではでは。

拍手[0回]

参加者紹介④は大同OB イケメン担当 蒼い武士くん製作の斬波(ザンパ)です。
ちなみに大同OB 立地有無くんとは同期。同期っていいよね♪


ロボット名の由来は泡盛の残波からみたいです。
蒼い武士のとおり、青を基調にしたロボットです。わたしのVirgoも青ベースのロボットなので
わたしにとってはライバル的な存在ですw
足の平行リンクにはバネアシストもあり、安定した歩行します。今回の予選では操縦ミスで予選突破できませんでしたが、それがなければ突破できるくらいしっかりした歩行モーションでした。次も一緒にがんばろう!

あと足ヨー軸も搭載されてます。今思えば、大同OBのロボットは足ヨー軸を搭載したロボットは少なかも。
このロボットは腕先も平行リンクになっています。平行リンクにバネをつけ、フリー状態でも腕を畳んだ状態にできるようになってます。

フレームの肉貫のやり方も個性的でカッコイイです。とくに足の肉貫好き~。

学生時代に立地有無くんと蒼い武士くんの共同制作?(間違ってたらごめんね)の
ORCロボット キセノン↓
http://pds.exblog.jp/pds/1/201203/23/12/c0073612_14494542.jpg
このロボットの足が好きなんですよ。この頃の大同ロボット研究部には珍しい直動足のロボットです。膝だけギアで連結して縦にデュアル化してる素敵ロボット。

でことで今日はこのへんで~
ではでは。

拍手[0回]

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/23 非売品]
[09/23 有機物]
プロフィール
HN:
リュウ太郎
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1988/09/22
職業:
金型・プレス
趣味:
ロボ アニメ マンガ 音楽
自己紹介:
中部地区でちょいちょい二足ロボットをやってます。
今の手持ちロボット
Virgo ドライガー刃 ウラン
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
忍者アナライズ

Copyright © リュウ太郎の二枚押し日記 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]