忍者ブログ
ロボットのことや趣味など、あと日常を淡々と書いていくblog
[16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

我が家のモノづくり環境その1は3Dプリンターです。
2014年3月頃に導入しました。周りにユーザーがいなかったので、思い切って買ってしまいました。
購入したのはAfinia H479です。


このAfiniaめっちゃ使いやすいです。今まで沢山のモノを印刷してきましたが、ほとんど失敗したことがありません。初めて3Dプリンターを導入する人にオススメです。

H479にはH480のようにオートキャリブレーションがないので私は高さ合わせに0.2mmの隙間ゲージで合わせてます。あと印刷精度を上げるためにクリアケースで覆って無風空間にしてます。

今まで印刷してきた材質はABS、PLA、ポリカーボネートの3種類です。
以下経験上の話
ABS:一番キレイに造形できます。造形する時にできるサポート材も剥がしやすく塗装も容易です。私が一番よく使う材質です。装飾部品は大体ABSです。

PLA:ABSよりも低温で溶け、造形物が固いです。ロボット部品を作成するには向いてるのではと思います。Virgoの部品もPLAを使ってるところがあります。ですが固いのでサポート材が剥がれにくいのと塗料のノリが悪いのが難点です。

ポリカーボネート:最近使いだした材質です。耐衝撃性があるため肉厚をABSよりも薄くできます。Virgoのバックパックに使いました。サポート材は少し剥がしにくいですが、肉厚が薄い部品を作れるので便利です。


Virgoの頭。手仕上げを一切せずにスプレー塗装しただけです。後処理なしで、これだけできるとついつい多様してしまいます(笑)

こちらはテルル兄弟の末っ子(今のところ笑)のウラン。
この子の外装や頭、バックパックは全部ABSです。外装があるだけでロボットのイメージは本当に変わります。

てことで今日はこのへんで。
ではでは。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[05/10 まつしろ]
[09/23 非売品]
[09/23 有機物]
プロフィール
HN:
リュウ太郎
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/09/22
職業:
金型・プレス
趣味:
ロボ アニメ マンガ 音楽
自己紹介:
中部地区でちょいちょい二足ロボットをやってます。
今の手持ちロボット
Virgo ドライガー刃 ウラン
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
カウンター
忍者アナライズ

Copyright © リュウ太郎の二枚押し日記 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]